2011年08月22日

沖縄2011 海以外で遊ぶ

帰る日も午前中もホテル前のビーチで軽く泳ごうかと言っていたのですが、
やっぱり疲れがたまっていたのでパターゴルフに変更。

48zanpa.jpg

チェックアウトする前の時間も有効に使って遊びました(笑)

残波岬ロイヤルホテルはかなり規模の大きなリゾートホテルです。
そしてホテル内にありとあらゆるものがあります。
体験クラフトコーナー、紅型衣装を着ての記念撮影場、ドクターフィッシュコーナー、
小さいけどゲーセン、シールプリント機(プリクラみたいなの)、大浴場などなど。

お盆時期でショーやビンゴなどのイベントも連日開催していました。
体験コーナーなども、もしかしたらいつもあるわけではないのかもしれませんが。

家族連れには嬉しい施設だと思います。

自分たちはのんびり感の方を求めているので、このような至れり尽くせりは
必要ないのですが。。。。


20110812184520.jpg

自分みやげの琉球ガラスの端材。
海のアート教室や自分の作品作りに使います。


生まれも育ちも東京のワタシは田舎がありません。
夏休みに帰省するという経験もありません。
そんなワタシにとって、夏恒例の八重山旅は帰省のようなものなのかもしれません。

いつもの浜、いつものお店。
また来たよ。また今年も来れたね、変わらずにいてくれて良かったね。

そういう何とも言えない懐かしさや安心感を感じたい。

来年はやっぱりまた八重山へ行きたいな。

0808-16 鳩間島.JPG

八重山LOVE。

ラベル:沖縄
posted by pika at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

沖縄2011 満喫♪トケイ浜

そういえばあのニモのお家。
比較的浅いところにあったけど、こんなに潮が引いてたら水面から
出ちゃったりしないのかな?

そう思って探してみると。。。。。

19tokei.jpg

ありました。水深50cmくらいのところに。
ここまで浅いと水面の上からでもはっきりわかります。
触れるくらいに近いです。(もちろん触りませんよ。)

B15tokei.jpg

右下の画像でどの程度の近さ(浅さ)かお分かり頂けるかと思います。

ファミリーでしょうか、爪の先くらいの小さい子から中くらいの子、大きい子。
イソギンチャクの間を出たり入ったりしている姿が愛らしい。

いくら見てても飽きないね〜。

「お前らいつまで見てるんだよ」って言われちゃいそうなくらいしばらくの間
じっくりと観察してしまいました。

ふと足元を見ると何やらぐんにゃりしたものが。

B17tokei.jpg

あ、タコ!

フィンで追い立ててみるものの何故か泳がずに走って逃げます(笑)
なのでぐんにゃりしたお団子状のタコしか撮れませんでした。

右下の魚はハゼに似てるけど、やけにヒレが小さくちょっと面白いお顔。
なんていうお魚かなぁ?

B16tokei.jpg

ケラマで会えるかな〜って思っていたアバサー(ハリセンボン)にここで
会えました!かわいい〜。追いかけて写真とりまくってたら隠れちゃった(笑)

この日も大満足のトケイ浜でした。
やっぱりお魚さんに近づける、いい写真が撮れるって楽しいです。

カルチャーショック続きの旅でしたが、トケイ浜のおかげで海を楽しむことが
できました。本当に来て良かった。

(続く)
ラベル:沖縄
posted by pika at 17:43| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

沖縄2011 タイドプールで

B14tokeitide.jpg

4日目はもともとは慶良間への日帰りツアー(3日目のところとは別)に
参加予定でした。3ポイント回ってくれるという魅力的なツアーでした。

ところがこのショップさんは那覇にあり集合場所も那覇。
泊まっているホテルからは普通は車で1時間くらいで行けるのですが、
朝はひどく渋滞するらしく2時間はみて欲しいとのこと。

となるとものすごく早起きしなくてはなりません。

疲れもたまってきており、運転する相方の気が進まないようだったので
考えた末にキャンセル。3日目のツアーが期待はずれだっただけに
3ポイント回れるのは魅力だったのですが、仕方ありません。

ホテルのレジャーデスクにも初心者向けのメニューしかなく、
結局4日目もフリーになってしまいました。

そこでまたトケイ浜に行きました。

到着した時は干潮時。岩場がごつごつと顔をだしていて、とても泳げる
状態ではありません。先日と比べほとんど人もいません。

潮が満ちるまで待たなくちゃダメか〜。
がっかりしかけましたが、ところがところが。

干潮時のタイドプールがめっちゃ面白かったのです!

もともと小さなお魚が多めの浜、潮溜まりに残された小魚さんたちを
見ていると楽しくて飽きません。
潮溜まりをそのまま持って帰りたくなるほどにかわいい。

シュノーケルだとつい動きの早いお魚さんに目が行ってしまいますが、
タイドプールだとウミウシやシャコなどのような見過ごしがちな生物も
じっくり観察することができます。

生物ちゃんたちが小さすぎてうまく写真に撮れなかったのが残念ですが。

17zenzai.jpg

潮が満ちるのを待ちがてら、浜のそばにある貸しシャワー屋さん(?)で
ぜんざいを食べました。

沖縄のぜんざいは、白玉入りミルク金時かき氷みたいな感じ。
甘すぎなくてさっぱりしていて美味しいのです。

(続く)


posted by pika at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

沖縄2011 ありえない〜!?

B13kerama.jpg ※クリックで原寸表示します

3日目は急きょ前日に滑り込み予約した慶良間シュノーケルツアーに参加。

慶良間は沖縄でも有数のダイビングスポット。
沖縄本島(おもに那覇)からは慶良間への日帰りツアーがたくさんあります。
もちろん本格的にダイビングしたい人は慶良間のどこかの島に滞在した方が
いいですけどね。ワタシが生まれて初めてシュノーケリングと体験ダイビングを
したのは慶良間諸島の中の座間味島でした。

慶良間にはいいポイントがたくさんあるから、丸1日のツアーなら
期待できそうです。

ところが。。。。

お盆の最盛期ということもあって、ツアーの船に乗船する人数の多いことに
まずびっくり。家族連れ、若いカップルがほとんど。
無人島上陸ツアー、体験ダイビング、シュノーケルツアーとメニューもそれぞれ。
なのにスタッフ(イントラ)さんは船長さんを含め3名のみ。
そこでまた思い切りびっくり。スタッフ足りなくない!?

慶良間の前島付近に船を停め、上陸ツアーの人たちはそこからバナナボートで
島へ行って上陸します。それ以外の人たちは船に残りボートエントリーで
海へ入ります。

スタッフさんがスケジュールを説明しているのを聞いて、耳を疑いました。
だいたいここ(今船を停泊している場所)には14:30くらいまでいます、と。
上陸した人はそれまでに迎えのバナナボートで戻ってくるようにと。

えっ!?

普通丸1日のツアーだったらお昼を挟んで午前・午後で違うポイントに行くもんじゃ
ないのか!?少なくとも今まで八重山で参加してきたツアーはそうでした。

同じ場所で1日って、ありえない。。。。

半ば信じられない気持ちで、でもきっとポイント移動してくれるだろうと淡い期待も
捨てきれず、とりあえず海に入りました。

慶良間の海はそれは素敵だし楽しいですけど。。。。
でも同じポイントにずっといたらやっぱり飽きちゃいます;^_^A

体験ダイビングの人たちを見ていると、2人1組になって順番に潜っていました。
ですよね。だってイントラさんの人数が足りないもんね。

順番だから体験の人たちが全員潜り終わるのにも結構な時間がかかります。
もう本当にポイントの移動はないんだな〜。がっかり。

そして驚いたことに体験ダイビングはイントラさんが体験者さんの首のあたりを
つかんで、そのままひっぱって連れて行くというスタイルなのです!
つまり体験者の人は潜るけどあまり泳がないのです(笑)
海況が悪いわけでもないのに、これってアリなのか?
聞いてみると安全のためにこのスタイルなのだそうです。
今まで自分が体験してきた体験ダイビングのスタイルとはあまりに違う。
とにかく、いろんなことがいちいち自分たちが今まで経験してきたツアーとは
勝手が違うのでカルチャーショックでした。


この日はホテルを移動する日。
ツアー後、残波岬ロイヤルホテルにチェックインしました。

05zanpa.jpg

この日の夕飯はガイドブックで見つけたイタリアンへ。
美味しかったです(^_^)

(続く)
posted by pika at 19:36| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

沖縄2011 救いのトケイ浜

トケイ浜は古宇利島にあるビーチ。
古宇利島へも車で渡れます。

01kouri.jpg

地図上にぽつっとトケイ浜とだけ書いてある。
ガイドブックにこれといった説明もなかった。
穴場っぽい。

人が少ないことも嬉しいが、何よりありがたいのはブイが張ってないので
(自己責任において)自由に泳げること。
こういう浜で自由に自分のペースでシュノーケルしたかったのです。

泳いでみるとワタシの好きな小さなお魚さんたちがたくさんいました。
おお〜、好みのタイプの海だわ♪

さらに水深が浅いのでかなりお魚さんに寄ることができます。
これは西表島のお気に入りスポット星砂の浜にも共通しています。

B9tokei.jpg

楽しく泳いでいるといつの間にかどこからかお魚の大群がやってきて
自分の周り中がお魚だらけになりました!

これだけのお魚に取り囲まれると、嬉しい反面ちょっとビビります(笑)

B10tokei.jpg

ニモ(カクレクマノミ)のお家(イソギンチャク)。

これも嬉しいくらいに浅いところにありました。
今までの中で一番って言ってもいいくらいに。

じっくり観察できて嬉しい限りです。

B11tokei.jpg

素敵な浜でした♪

浜にはきれいな状態のタカラガイやヤドカリさんが住んでない巻貝などがあり
ビーチコも楽しめます。泳いで、ビーチコもできて優秀なビーチです。

午前中はどうなることやらと思いましたが、トケイ浜のおかげで楽しい時間を
過ごすことができました。ありがとう〜♪

(続く)
posted by pika at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

沖縄2011 ブイに阻まれて。。。。

B5hotelbeach.jpg
B6beach.jpg

2日目の朝、ホテル前のビーチをお散歩。


2日目は1日フリーにして車でビーチをあちこち周る計画に
していました。何しろ沖縄にはビーチがたくさんあるので。
前もってガイドブックでシュノーケル向きと思われるビーチを
いくつかピックアップしておき、それらを巡っていれば
1日楽しめるだろうと思っていました。

ところが。。。。

まず行ったのは、本島北部の瀬底島にある瀬底ビーチ。
瀬底島へは車で渡れます。

行ってびっくり。

ビーチにはブイで囲まれた遊泳ゾーンが設けてあり、その中でしか
泳いではいけないとのこと!

お盆の一番混む時期。子供も多い。
安全のためには仕方のないことかも知れないが。。。。

シュノーケラーとしてはブイの中でちゃぷちゃぷしていても
な〜んも面白くない。

仕方なく別の、もう少しマイナーそうなビーチへ行ってみる。

しかしそこにもブイが張られていた。

結局午前中にはいい場所を探し当てることができず。

B7lunch.jpg

とりあえずお昼ご飯。沖縄そばと海ぶどうサラダ。
沖縄そばに紅ショウガがのってなくて残念。
サラダの冷えたトマトが美味しかった。

お昼を食べながら対策を考える。

このままでは車でぐるぐるするばかりでちっとも泳げない。
多分ホテル内のビーチなどみなこのブイで囲まれたパターンだろう。
翌日もビーチめぐりのつもりで開けてあるし、今日これからと翌日1日を
どうするか。

とりあえず翌日は急きょツアーを見つけて申し込んだ。

そしてその日は地図で見つけた穴場っぽいビーチへ行ってみることに。
ビーチへ降りる道がわかりにくいが、狭い砂利道を入っていくとビーチへ
たどり着くことができた。

見てみると、そこはブイが張られていない!

やった〜、これでブイに阻まれることなく自由に泳げる。

B8tokei.jpg

救世主となったトケイ浜。

(続く)

ラベル:沖縄
posted by pika at 12:51| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

沖縄2011 久しぶりの本島

2011.8.9.〜2011.8.13

計画していた八重山旅行が台風9号の影響を考慮しキャンセル、
急きょ日にちをずらして本島への旅に変更となった。

ここ数年、八重山諸島へ行くための経由地でしかなかった本島。

久しぶりに訪れてみると。。。。
同じ沖縄県でありながら、色々な面で八重山とは違いました。

八重山旅行を諦めさせられた台風9号はゆっくりとしか動かず、
その後発生した10号や熱帯低気圧にもハラハラさせられ。
直前に仕事のトラブルもあり気分は晴れぬままに出発。


乗り継ぎがないとあっという間に到着したような気がします。
いつもは乗り換え地点だから那覇空港の外には出ないけど、今回は
飛行機を降りてから到着ロビーへ向かう。ちょっと不思議な気分。

レンタカーを借りて恩納方面へ移動。

B1drivein.jpg

途中、中城のサービスエリアで軽くランチ。
ポークパインバーガー。
このバーガーのポークは缶詰のランチョンミートではなくチャーシューでした。

B2hotel.jpg

最初2泊のホテルはAJ恩納ビルリゾートホテル。
割と新しめのホテルです。

リゾートといっても必要最小限の設備があるだけのわりとこじんまりした
ホテルで静かな感じが気に入りました。
大型リゾートはごったがえしていて落ち着きませんから。

お部屋の前のテラスから海が見えます。

B3doukutsu.jpg

初日はホテルにチェックインしたあと、夕方(17:00〜)からのシュノーケル
ツアーに参加申し込みをしてありました。

恩納ではイチオシらしい眞栄田岬の青の洞窟ツアーです。

洞窟そのものは小さいし、水のきれいな色を楽しむのが主になるので
シュノーケル自体は洞窟から出て来てからの方が楽しかったです。

撮った写真がピンボケばかりで残念ながら載せられませんが、クマノミ、
ミノカサゴ、ダツ、ヤガラ、リュウキュウスズメダイ、フグなどに会えて
嬉し楽しいひとときでした。

あまり期待してなかっただけに初日はまずまずといったところ(笑)


本島行きが決定して本島のマリンサービスを探していて不安に思ったのは
初心者向けや家族連れ向けのライトなメニューばかりだということ。

確かに本島の客層を見ていると家族連れが多いです。それも親子3代とか
2家族一緒などの団体さんとか(お盆時期ということもあるでしょうが)。
それと若いカップルや女性のお友達グループも多い。

おしゃれしてバリバリに化粧したギャル率が高いのもびっくりしました(笑)
青の洞窟ツアーでも、これから海に入るって言うのにばっちり化粧したまま、
とか、ピアスをしてたりしたのでちょっと驚いてしまいました。
八重山で参加してきたツアーではまずめったにこういうタイプの方には
お目にかかりませんでしたから;^_^A

本島は海あり、観光あり、ショッピングあり、グルメあり、とあれもこれも
というニーズが高いのでしょうね。海もいいけど、海以外の観光のウエイトも
高いのでしょう。だからマリンサービスのメニューも1〜2時間でさくっと終わる
ライトな初心者向けのものがメインになるのでしょう。

八重山になると、やっぱり海とさんご礁が主たる目的の人が多く、初心者も
いるけどリピーターやベテランダイバーも多いので、そういうお客たちを
楽しませるためにおのずとメニューが違ってくるのでしょうね。
ツアーも半日か1日という長時間コースなので、ツアーに申し込んでおけば
マリンサービスさんおまかせで1日海を楽しむことができるのです。

そういうのに慣れていたので、本島における事情の違いに驚きました。

B4sunset.jpg

沖縄は東京よりだいぶ西にあるので日が暮れるのが遅いです。
17:00くらいではまだまだ日中って感じの日差しで、19:00から20:00
くらいまで夕方って感じ。

(続く)
posted by pika at 22:58| 東京 🌁| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

琉球ガラス

20110812184520.jpg
琉球ガラスの端材を買いました。何作ろうかな〓
posted by pika at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

ダイクロガラスが

20110809153942.jpg
沖縄の強い日差しでキラッキラ〓
ものすごくキレイ!海の水が日差しを反射させてるみたいで。
帰ったらまたダイクロの作品作りたいです〓
posted by pika at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

変わり映えしないことの良さ

八重山は、遠かった。。。。

台風の進路を気にしつつ準備していた出発前日の夕方、旅行会社から電話が。
もし飛行機が欠航しなくてもキャンセルを受け付けるとのこと。

それまで行くしかないと思っていたので、かなり悩みました。
当日朝まで悩みに悩み、結局キャンセルしました(T_T)

台風の進路がだんだん八重山寄りになってきたこと、進みも遅く
風の影響が強そうだということで、何日間くらい海に影響するかわからなかったので。

西表が大好きなので八重山に行きたかったけれど、行っても何もできないという、
台風の苦い思い出を増やしたくなかった。

でも台風が通り過ぎたらもしかしたら。。。。という希望も捨てられない。
行くか行かないか、本当に悩んだ。

よくよく考えてみると、旅行記書いてなかった昔も含め、かなりの確率で
沖縄では台風や海況不良に遭遇しています。

うーんと何年も前、那覇で台風に遭遇、ホテルに缶詰め
2002か2003、宮古島で 希望のポイントに行けなかったり遊泳禁止になったり
2005、船が欠航して慶良間行きキャンセル、パラオへ変更
2006、台風ドンピシャ、西表に渡れず石垣島に足止め2日、その間ホテルから出れず
2007、小浜島に足止め1日
2008、石垣に足止め、シュノーケルをするも海上で雷を聞く悪天候
2010、石垣と西表で海に入れない日1日ずつ

近年はほぼ毎年!?思い出せないものを含めればもっとありそう。。。。

さて、今年。
キャンセルしたとして、2人とも来月以降の予定がなかなか立ちそうもなく。
考えた末に来週を当たってみようということに。
休める日数も短くなるので移動に時間かかる八重山は諦めて沖縄本島で。

朝イチで旅行会社に行きキャンセルと予約とりなおしを申し出る。

時期が迫っているのでパックツアー料金が適用されず、しかも夏休みの最盛期
ということで料金もかなり高めながら何とか飛行機も宿も予約がとれた。

予約とれたのはいいけれど、本島はもう何年も行ってない。
改めてガイドブックを買い、マリンレジャーなどを調べてみる。

本島になるといかにも人気観光地って感じでレジャーの種類も多く、
海のアクティビティメニューにしても八重山のそれとはかなり違う感じがした。
客層も訪れる人数も違うのだろうな。。。。

本島は新しいホテルもどんどんできてるし、見どころになるようなスポットや
カフェなどのショップも増えてる。

でも八重山のガイドブックは毎年ほとんど変わらない。

毎年とりあえず1〜2冊は買うけど、いつものってるお店やダイビングショップ、
ビーチやなどの情報が変わっていない。

この変わり映えのしなさこそが八重山の魅力なんだろうと思う。

だからこそ、のんびりと島時間を過ごせる。

鳩間島の大好きなビーチもプライベート状態。
石垣は徐々に都会化しつつあるけれど、それでも那覇などに比べれば
まだまだのどかだと思うし。

ああ〜、ワタシは本当に西表が好きだなぁ。
星砂の浜までレンタサイクルでちゃりちゃりと登って(坂がキツイ!けど)、
おばあの売店で星砂や貝殻なんぞを買って、いつものお店で八重山そば食べて、
浅瀬でお魚と戯れて。またチャリチャリっと雑貨屋さん行ってお土産買って。
鳩間島まで足を延ばしてひとりじめの浜でのんびりして。

あのいつものコースで遊びたかった。。。。ううっ。

でももう本島の予約したんだから短い日数でめいっぱい海を楽しめるように
スケジュールを組まなくちゃ!

今度こそお天気に恵まれますように。。。。

posted by pika at 00:09| 東京 🌁| Comment(2) | 海&旅2010〜2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする